愛媛県・北宇和郡松野町・滑床渓谷(なめとこけいこく)
滑床渓谷は、四国の南西・愛媛県宇和島市から北宇和郡松野町にまたがる渓谷
で、最後の清流といわれる四万十川支流の目黒川最上流12kmに及ぶ渓谷です。
足摺宇和海国立公園に属するだけでなく、周辺の森林は「水源の森百選」に選ば
れるなど、清流と苔むす自然がおりなす神秘の渓谷。
出合滑
侵食によって洗い清められた花崗岩の滑らかな河床が特徴で、幅20m、長さ150m
の広大な岩肌を、清流が止めどなく流れる美しい光景を見ることができます。
雪輪の滝
滑床を代表する景勝地で、巨大な一枚岩の上を流れる幅20m、落差80mの滑らか
な岩肌を清流がなめるように雪の輪のように水紋を残しながら流れ落ちる様は雄大
にして華麗で、日本の滝100選に選ばれています。
(説明文は宇和島市ガイドブックほかより抜粋・転載させていただきました)
2秒間隔で画面(合計45ファイル)が自動的に切り替わります