スライドショー・水戸 偕楽園の梅まつり デジカメ写真

茨城県水戸市 偕楽園の梅まつり
(平成22年2月20日〜3月31日)
日本三名園のひとつ偕楽園は、水戸藩第九代藩主徳川斉昭(烈公:1800〜1860)
が自ら造園計画の構想をねり創設したもので、天保12年(1841年)から造園工事を行
い翌13年に開園された。
偕楽園の名称は、中国の古典である「孟子」の「古の人は民と偕に楽しむ、故に能く楽
しむなり」という一筋から取ったもの。
園内と拡張部分を合わせて約100品種3000本の梅が植えられ、全国でも有数の梅
の名所として知られている。
(偕楽園公園センターのパンフレットから抜粋・掲載させていただきました)

9秒間隔で画面(合計41ファイル)が自動的に切り替わります